頭皮マッサージで得られる効果とは

エビデンスに基づいて脱毛症を考えます

>

近年の脱毛症事情とは

男性型脱毛症(AGA)の原因とその治療

男性の脱毛症のほとんどはAGA(男性型脱毛症)であり、生え際やつむじ付近の毛髪から減少していくケースが多いです。遺伝との関わりがあり、男性ホルモン由来のDHTという物質が髪の成長を妨げます。
病院ではフィナステリド、デュタステリドの内服、ミノキシジルの外用が基本的な治療になります。効果が見られない場合、自毛植毛、レーザー治療等が行われることもあります。自費診療で比較的高額になるため、二の足を踏む方もいるようです。
自分で出来る治療で効果が確認されているものにノコギリヤシがあります。ノコギリヤシはAGAに対し効果が認められていて、医師の処方がなくても薬局等で比較的安く購入出来ます。しかし、その効果はフィナステリド等に比べると劣ります。フィナステリド、デュタステリドの内服治療が金銭的に厳しい、または効果がみられない場合に内服することが多いようです。

女性の脱毛症(FAGA)の原因とその治療

女性の脱毛症は男性のとは少し違います。最も多いのはFAGAであり、特定の部分ではなく、広範囲に渡る脱毛が特徴です。
原因についてはまだ不明な点もありますが、男性ホルモンが優位化することが原因である説が有力です。
その他にも女性は急激なダイエット、ストレスや貧血などが原因で脱毛症になることがあります。

ちなみに、男性型脱毛症の薬を女性が飲むことは禁止されています。女性には効果が認められないだけではなく、妊娠した場合胎児に悪影響を与えることがあるからです。
そのため、治療は男性と異なります。
原因を探し、それを取り除くこと(ストレス、ダイエットの中断、栄養状態、生活の改善等)。次に、男性と同じくミノキシジルなどの外用というのが基本の治療となります。


TOPへ戻る